スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某国立大出のお方
鼻高にぃさんは某国立大出・・・

会議でも言ってることがさっぱりわからない。
やはり頭脳レベルが違うのだろうか?

同じことを言ってもどこか回りくどく焦点がわかりにくい。
端的明瞭が一番だと思うのだが、どうにも理解しづらい。

頭の悪い自分にはなかなか出来ないことだ。

頭が悪いので体験したことしかわからない。
いくつになっても成長しない。
痛い目にあって初めて学習するのである。
人生はその積み重ねだった。

頭の良い人は考えただけで理解可能らしい。

唯物論者と体験論者の大きな違いだろう。

しかし、気をつけねばならないのは、こういうお方である。
すぐ出し抜こうとするし、いざとなったらすぐ逃げるのである。
その逃げるにも自分を正当化し、責任転化するのがこういう
お方たちの常であるような気がする。

もちろんJINは頭の悪い体験論者なので、そういう理屈は
へどが出るほど嫌いである。

いくつになっても成長しないなぁ~自分!
スポンサーサイト
コメント
以前の?
こんばんは~

以前の新人さんですかね?
私は国立大どころか大学も出てません。
それどころか田舎の3流高校だけです(笑)
高学歴じゃない事に不便を感じた事は無いですケド…

私もいっぱい失敗しました。その繰り返し。私は頭がよくないので本当に乾いたスポンジになりました。吸収すべき事は吸収しないと生きていけませんでしたので…
きっとそういうお方ってプライドってものでスポンジがびしょびしょなんでしょう、もう吸えないくらいに(笑)

ふと、『事件は会議室で起きて・・・現場で・・・・』
あの言葉が脳裏を過ぎりました(笑)

あれ?勝手な想像でペラペラと書いてしまいました^^;すいません。。。
2009/05/17(Sun) 01:41 | URL | 遊遊 | 【編集
現場畑のJINとしては・・・
こんにちは、遊遊さん
コメントありがとうございます。

現場中心でやってきたJINとしては
まさに、現場なんです。
会議室ではないのです。

理屈をこねてる方は机上の空論で現実にそぐいません。
現場には現場の論理、しきたりがあるのです。
一番問題なのは
「現場には相手がいて、会議室には相手はいないことを理解することが大切なんです」

現場での直感的な判断力の経験値が多い人がステキなんですがね^^;
2009/05/17(Sun) 09:22 | URL | JIN | 【編集
事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きているんだ!
遊遊さんの仰るとおりです。
身体で感じ、経験したことが真実。
理論だけ分かっている人と経験して分かってる人では後者が明らかに正しいのです。
私は設計やさんだったのでどちらかというと私は前者でしたがどんなに理屈を並べたところで目の前で「こうなるでしょ?」と見せられたら「そうですね。」としか言えないのは事実。
どんなに勉強しても経験には勝てないと言うことを最近になって気づきました。
理論や理屈だけの人は
「頭でっかち」と皮肉られていたんです。
一つ一つ経験を積んで行かなければ真実にはたどり着けないと私は思います。

支離滅裂な文章ですみません(笑)
2009/05/18(Mon) 21:40 | URL | まっぴ~ | 【編集
レスありがとうございます
>まっぴ~サン
コメントありがとうございます。

設計の仕事、自分もあこがれていましたねぇ
でも、なぜか今は別の仕事に就いています。
もう30年近くもやっていますが、そろそろでしょうか?

うちの仕事場にはチキンがたくさんいます(笑)
どきょうがないというか、自分に自信がないの
でしょうね。
そのくせプライドだけはあるのでどうしようもあり
ません。
そんなハッタリが通用する世界じゃないんですがね。

それはそうとまっぴ~サン、仕事どうですか?
いけそうですか?
近況まってますね~
2009/05/21(Thu) 17:50 | URL | JIN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。